腰痛が出たらコンドロイチンと整体が効果的です

みなさんは、コンドロイチンと腰痛の関わりってご存知ですか? 年を取ってくると、腰が痛むかたが、急に増えてきますよね。
しかし、近年では、若いかたでも、腰痛持ちのかたが、近年増えています。
これは、姿勢の問題もあるし、栄養バランスの問題などもあると思うのです。
姿勢が悪くなったり、栄養バランスが悪くなったりするのは、そもそも生活習慣に問題があるからでしょう。
そして、腰に痛みを感じたら、まずは湿布をしたり、整体に行ったり、腰用のベルトを購入してつけてみたりしているのです。
もちろん、それらにも、効果はあるでしょう。
しかし、外側からの治療だけでは、根本的な治療には、ならないですよね。
もちろん、年齢が若い場合、外側から少し治療を加えるだけでも、回復することはよくあるのです。
まだ、自然治癒力も活発に働いていて、体内のコンドロイチンが、一気に減少したりしたわけでもないですからね。
ですが、コンドロイチンが減少してゆくのは、20歳ころという説もあるのです。
そうして、50歳になるころには、もう20歳ころの半分程度しか残っていないのですね。
それを考えたら、もう30代の腰痛でも、コンドロイチンを補ってあげたくなってきますね。
体のお悩み別にオステオパシー整体の施術例をご紹介